トイレ詰まりは何故起こる?

日常生活における厄介ごとの一つが「トイレ詰まり」です。誰しも必ず一度は遭遇したことがあるはずですが、このトイレ詰まりは、大量なトイレットペーパーや異物を流してしまうことが原因である場合が多いとされます。しかしこれだけではトイレが詰まることは無く、こうした物が流されたことに加えて、そこにトイレを流すための水流による圧力が加わることで圧縮され、排水管を詰まらせる硬い詰まりへと成長してしまうことが直接的な原因なのです。

水を流すのは逆効果になる場合も

トイレを詰まらせる原因は想定外の物を流したことと水流による圧力ですので、何とか排水管から詰まりを流してしまおうとトイレを流し続けるやり方はむしろ逆効果だと言えます。また詰まりを解消しようとラバーカップでジャバジャバと水を押すような使い方も、同様に水を押して詰まりの原因の一つである圧力をより増してしまう可能性があります。より詰まりをひどくして、最悪排水管を破損させて全面的な修理が必要になる事態を生じるかもしれません。

「圧力」を意識した改善方法がベスト!

トイレ詰まりを解消したいのであれば、水を「押す」ことは厳禁です。トイレ詰まりは逆に「引く」ことで解消できます。まず、ラバーカップを使用する場合は内部の圧力を高める際にカップを押す場合は極力詰まりに圧力を与え過ぎないように慎重に押し込み、その後に圧力を解消するようにしっかりと引き込むと意外にすんなりと詰まりが解消できます。ラバーカップが無い時などは、便器に水を貯めておいて詰まりの溶解を誘引することで、時間はかかりますが詰まりを解消できる場合があります。

水道修理を依頼する場合、業者にもよりますが24時間受け付けている場所が多いです。電話依頼をしたら、到着まで破損箇所からの水漏れを抑えられるのであれば抑えて待ちましょう。