トイレが詰まったら早急な処置をすること

トイレの水が流れなくなり、便器に汚水が溜まってしまうと困りますね。突然詰まる原因は、掃除や汚物の処置などで、トイレットペーパーや水溶性の掃除用ペーパーが大量で溶かしきれなかったり、うっかり落し物をして詰まったりということが考えられます。水溶性の詰まりなら、そのまま時間が経てば流れるようになる可能性もありますが、長期間利用できないと困ることが多いので、早急に対策を練らなくてはいけません。処置をする前に、まず、感電防止対策のため、電源プラグを抜いたり、止水栓を締めたりしておきましょう。水が飛び散らないように、床に不要な新聞紙等を敷いたり、窓を開け換気を良くしておくことも大事です。

詰まりを解消する応急処置の方法

水溶性の詰まりは、便器から水を汲みとって、勢い良くぬるま湯を流す方法で解決する場合があります。お湯の温かさで、詰まりが緩んで溶けやすくなりますし、水流の勢いで流れてしまうこともあります。これを2、3度繰り返します。注意点は、熱湯を使わないことです。便器は陶製なので、熱に非常に弱く割れやすいです。高くても50度くらいの温度にとどめるようにしましょう。ただ、水溶性でもあまりにも詰まった物の量が多い場合や、水に溶けない詰まりはこの方法で解決しません。ワイヤーブラシがあれば、排水口から突っ込んで流せることもありますが、家庭用では長さが足りなかったり、操作が難しかったりする場合があります。ラバーカップが手に入るようでしたら、この方法が最もやりやすいです。排水口に空気が入らないようにあてがって、ゆっくり押したり引いたりを繰り返せば、強い水流が発生します。引く力が強ければ、詰まりの原因が排水口まで逆流してくることもありますし、押す力が強ければ、そのまま流れていくこともあります。できれば、詰まり予防のために、1つ家庭で用意しておくといいかもしれませんね。

トイレが詰まる機会が多く不安な場合は

応急処置を行ってトイレの詰まりが解消されても、頻繁に何度も起こる場合は、水道管設備自体が劣化している恐れがあります。水道修理業者に点検をお願いするといいでしょう。一般的に新築して10年以上経ったトイレの場合は、何かしら不調が出てきてもおかしくないこともありますので、水道管の修理ではなく、トイレ自体をリフォームした方がいい場合があります。トイレは日々進化しているので、10年前のよりも最新式のトイレの方が、節電や節水に優れていることが多く、長い目で見て節約に繋がることもあります。修理費用とリフォーム費用の見積もりを取り、納得のいく方を選ぶようにしてください。

24時間365日にわたって水漏れ修理を行っている業者もあることから、こういった所に依頼をすることで時間や曜日に関係なく依頼をすることができます。