政府が積極的に導入を

太陽光発電システムと言うのは、これからますます普及することが期待されています。何故かといいますとそれはエコロジーなエネルギーであるからです。政府が積極的に普及に努めているのは、日本とは資源がない国であるからです。自然エネルギーとは、いくつもありますが、その一つが太陽光発電システムになります。だからこそ、政府は助成金を出してまで個宅や工場などに設置するようにさせているわけです。個人宅は今がチャンスです。

電気を売ることについては

太陽光発電システムとは、個宅に設置されたものでも、結構な電気量を得られる場合があります。そして、自宅で使う分を遥かに超えることすらあります。その場合、電気は売れます。これは契約をする為に電力会社との細かい折衝があるわけではなく、ほぼ義務として買取るようになっています。ですから、それを一つの副業としているところすらあります。電気は自力で作れる上に売れる、ということは知っておいたほうが良いです。それがこのシステムの良いところです。

今後の展望についてのこと

これから太陽光発電システムはどのように変革していくのか、というとほぼ目標は決まっています。それが宇宙ステーションであり、太陽光を強く受けることができる大気圏でのパネル設置です。しかし、それは国家プロジェクトであり、個人としてはやはり家の屋根にソーラーパネルを付ける程度が限界になります。それでも個人としてのメリットは享受できますし、上手くすればお金を稼ぐこともできます。但し、助成金は普及と共に少なくなる可能性があります。

高いと思われがちの太陽光発電の価格ですが、実は意外とお手頃なのです。その理由は、作った電気を売ることができるため光熱費がかからず、その分元が取れるのです。

パナソニックの太陽光発電の詳細
ソーラーフロンティアの太陽光発電の詳細はこちら